令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【囲碁】坂田栄男と林海峰の番勝負

坂田栄男林海峰の番勝負の結果をまとめてみた。 旧・名人戦で3回、本因坊戦で3回、王座戦2回の、合計8度の戦いである。 多いと言うべきか少ないと言うべきか。 年齢の差(坂田が20歳以上年上)であることと、坂田の全盛期には棋聖戦がなかったことを考えると、多いと言うべきかもしれない。

1965年 旧・第4期名人戦 林 4-2 坂田

1966年 旧・第5期名人戦 林 4-1 坂田

1967年 旧・第6期名人戦 林 4-1 坂田

1967年 第22期本因坊戦 坂田 4-1 林

1968年 第23期本因坊戦 林 4-3 坂田

1970年 第25期本因坊戦 林 4-0 坂田

1966年 第14期王座戦 坂田 2-1 林

1973年 第21期王座戦 林 2-1 坂田

 

林海峰が6回、坂田が2回勝利を収めている。 21世紀となった今から思えば、20歳以上の年齢差がありながら幾度か林の進撃を食い止めている、坂田の健闘を称えたい。 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ
にほんブログ村