令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【雑記】案外重宝な「紙の辞書」

だいぶ前のことだが、珍しくフランス語の翻訳をした。

とある翻訳会社が「お願いします」ということで、喜んでやってみたが、フランス語に触れるのは久しぶりだったので、結構大変だった。

そのときに翻訳に使用したのは「本の辞書」「電子辞書」「インターネット」「翻訳支援ツール(ロゴヴィスタ製)」であったが、私に対する貢献度という点では・・・

<blockquote>「インターネット」>「本の辞書」>>「電子辞書」>>>>>「ロゴヴィスタ製翻訳支援ツール」</blockquote>

であった。

上記の翻訳支援ツールは、購入して間もないというのを考慮しても、頼りにならなかった。使い方を熟知すれば話は違ってくるのだろうが・・・。

「電子辞書」の仏和・和仏辞典は、「単語や例文を検索する」までは速くて重宝するのであるが、たどりついてから情報を閲覧するのにスクロールが結構めんどくさかった。伊和辞典や和伊辞典の電子辞書と比べて、仏和や和仏の電子辞書は情報量がかなり多いので電子辞書の小さなスクリーンでは少々手間取った(それは英和や和英の電子辞書にもいえることだが)。

今回の作業で案外(?)重宝したのは本の辞書(プティロワイヤル仏和・プティロワイヤル和仏)であった。

本の辞書は、お目当ての項目にたどりつくまでは時間がかかるが、たどりついてからの快適さは捨てがたい。今回見直した。

ただ、私が年を取ったせいであろう、字が時々読みにくかったりした。高齢者はつらい。