令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【囲碁】関西棋院のニュース:本田邦久、窪内秀知

関西棋院のニュースをいくつか。

本田邦久九段引退】

2020年6月15日付で引退。

1945年6月15日生まれだから、75歳の誕生日を一区切りとして引退したのだろうか。

名人戦リーグやNHK杯で大いに活躍した人である。

小目が多く、細かい部分の深く粘り強い読みに裏付けられた戦闘力に特徴があったと思う。(逆に言えば、武宮のようなスケールの大きさはあんまり感じなかったが)

昭和40年代から平成初期の関西棋院を引っ張ってきた名棋士であった。

 

窪内秀知九段が1月に亡くなっていた】

1920年大正9年)に生まれ、2020年(令和2年)1月21日に老衰にて死去。99歳。

大正9年生まれだから、坂田や高川と同年代である。

タイトル戦での大きな活躍はなかったが、本因坊戦リーグや名人戦リーグには何度か入っている。

橋本宇太郎とともに、昭和20年代から40年代にかけての関西棋院を支えた人である。

合掌。