令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【写真】2年前の名古屋旅行(2018年7月10日・11日)の写真その7:南極観測船「ふじ」

【注意】今回の写真は2年前(2018年7月)に撮ったものである。

名古屋港水族館を訪ねた後は、近くなる南極観測船「ふじ」へと足を運んだ。

↓調理室である。なお、人間のように見えるが実は「蝋人形」である。

f:id:yomumirukaku:20200722003808j:plain

↓廊下である。幅が狭いような気がする。限られたスペースを有効に使いたいのだろうか。

f:id:yomumirukaku:20200722004016j:plain

↓理髪室である。シャンプーやリンスは、なかなか頼めなさそう。

f:id:yomumirukaku:20200722004043j:plain

↓第二居住区。「寝るだけ」という感じ。物を置くスペースはあまりなさそうである。

f:id:yomumirukaku:20200722004108j:plain

南極観測船「ふじ」の航海日課である。

f:id:yomumirukaku:20200722004135j:plain

↓観測隊員の寝室である。この広さで2人は自分には狭い感じ。まあ、限られたスペースで必要な人員と機材や食料燃料などを積まなければいけないから、やむをえないんだろう。

f:id:yomumirukaku:20200722004200j:plain

f:id:yomumirukaku:20200722004222j:plain

↓階段の上り下りと通路歩きの末に見終わった後に、一枚取った。

f:id:yomumirukaku:20200722004311j:plain

水族館と「ふじ」を見終わった後、地下鉄と名鉄を乗り継いで「栄生」(さこう)駅で降りて「トヨタ産業治術記念館」を訪れた。ここは母にとってお気に入りのようだった。

これで名古屋旅行に関する写真は終わりである。私の感想は以下の通り。

  • 愛知県体育館は、階段や空調、エレベーターなどに不満があるので、当分は名古屋場所には行きたくない。
  • 名古屋の地下鉄や名古屋の地下街は、大阪と比べるとエスカレーターやエレベータの面で見劣りすると思う(足の弱い私の母はかなり困っていた)。
  • 数回しか食事はしていないが、いずれもおいしかった。
  • 暑い時期を避けて、また名古屋に行きたい。

 【注意】今回の写真は2年前(2018年7月)に撮ったものである。