令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【囲碁】私の実戦より:ちょっとしたヨセの手筋

私の実戦を紹介する。

【テーマ図】私の黒番である。

f:id:yomumirukaku:20200731233622p:plain

↑ 黒が上辺△と打ったところである。
アゲハマは黒が17,白が14である。
中央から左下の攻防で黒がポイントを上げたので、形勢は黒良しである。
しかし、油断は禁物。白からちょっとしたヨセの手筋があって、少しあわててしまった。

 

【参考図:飛び込みのヨセ】

f:id:yomumirukaku:20200731233735p:plain

↑右辺白1まで飛び込んでいく手筋があった。

黒2と白をさえぎることはできない。
白3まで、黒が取られる。これは勝敗逆転する。

打たれればすぐ気づくのだが、打たれる前に気づかなければならなかった。

 

【実戦図】

f:id:yomumirukaku:20200731233838p:plain

↑結局、黒は黒5までとへこまされた。

白は先手で2目ほど儲けただろうか。

細かい勝負だと、ここで勝敗が入れ替わるところであった。

幸い、この碁は差が少し開いていたので、逃げ切ることができた。

(結果は黒の4目半勝ち)