令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【囲碁】私の実戦より:愚直に生きることの難しさ

 久しぶりに私のネット対局を紹介する。

【テーマ図】私が白で、黒が▲とはねてきたところである。

f:id:yomumirukaku:20210225232315p:plain

 

 ↑上の図の状況は、「白大優勢」のはずである。

地合いは大差で白よし。あとは下辺大石が生きれば勝ち。

中央下に一眼あるから、左辺で一眼作れば勝ちであった。

 

【正解図】愚直に生きれば白勝ち。

白1とでも打てばこの時点で白生き→白勝ちであったはず。ところが・・・

f:id:yomumirukaku:20210225232519p:plain

 

【実戦1】なぜあてたのか?

なぜか白は1と当ててしまった。黒2に対して・・・

f:id:yomumirukaku:20210225232630p:plain

 

【実戦2】生きが怪しくなった。

黒4までとなると、白の目が怪しくなってきた。

優勢なときは平凡に確実に打てば良いのに・・・。

f:id:yomumirukaku:20210225232727p:plain

 

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村