令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【読書】東野圭吾作「虚ろな十字架」(光文社文庫)の感想メモ

 東野圭吾作の作品「虚ろな十字架」(光文社文庫)を読んだので少しメモする。

強い信念は時には物事を推進する強い力となり、時には悲劇の原因となる。

愚鈍そうに見える花恵が最後に賢者ぶりを見せてくれたのが少し痛快だった。

 最近年を取ったのか、登場人物をうまく覚えられなくなった。

今回は、登場人物をメモ用紙に書き留めながら読み進めていった。

おかげで、いつもよりも小説を楽しむことができたような気がする。

 

人気ブログランキングへ

 

にほんブログ村