令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【囲碁】私の実戦から:高目定石外れの攻防

今回は私のネット対局の一部を紹介する。

【テーマ図】

f:id:yomumirukaku:20220224235339j:plain

テーマ図

↑ 私が白番である。黒が左下▲と打ったところ場面である。

この形は、高目のケイマかけ定石から外れて生じた形である。

左下隅の白石は生きていない。しかし、黒もはっきりしない形である。

どのように打てば良かったのだろうか?

 

【実戦図:白が失敗】

f:id:yomumirukaku:20220224235634j:plain

実戦図

白は1とついでしまった。黒は2とはねだして・・・

黒6の下がりが当然ながらうまい手で、これで白は外に脱出している。

そして左下の白は自動的に全滅である。

白はどうすれば良かったのか?

 

【参考図1:こうすれば良かった・・・かも】

f:id:yomumirukaku:20220224235846j:plain

参考図その1

白は1と割り込むのが良かったようだ。

黒2のさえぎりに対して白3とあてて・・・

 

【参考図の続き:これなら白も打てるかな】

f:id:yomumirukaku:20220225000011j:plain

参考図その2

↑ 結局、このような結果になるらしい。

これだと、左下の白はまだ取られていないし、外の白はかなり分厚い形である。

これなら白有望だったかもしれない。

 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村