令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

4月26日のメモ:私の実戦から

久しぶりに自分の対局の紹介。

【テーマ図】

↑私が黒である。白が△と打ったところである。

黒はどう応じればよいか?

 

【正解図:素直が一番】

↑ 深く考える必要はない。黒1と出ればよい。

白は右上にかかるくらいか?私の評価ツールによると、これで評価値は黒寄りである(70くらい)

 

【実戦その1:何も考えていない】

↑なんで黒1とつないじゃったんだろうなあ?白は喜んで2とおさえる。

その後…

 

【実戦図その2:どうしてこうなった?】

↑ このような図になってしまった。

黒は△と右上をシマッタのだが、この時点での評価値は圧倒的に黒不利(10~20)である。盤面はまだ広いのであきらめる必要はないが、その後の打ち方も悪くて完敗であった。

 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村