令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【将棋】羽生が竜王戦挑戦者になる。七番勝負は10月9日から

2020年9月19日の挑戦者決定戦第3局で、先手の羽生が99手までで丸山を下し、挑戦者となった。

 

羽生とすれば無冠返上+タイトル通算100期のチャンスである。

 

年齢を考えると豊島が有利だろう。羽生は現在49歳だが、誕生日は9月27日なので、番勝負が始まるときには50歳になっている。それに対して豊島は30歳である。年齢的には下り坂の羽生が全盛期を迎えている(あるいは迎えようとしている)豊島に勝つのは結構難しい。

 

一発勝負ならともかく、4回勝たないと竜王になれないので、やっぱり豊島が有利だと思う。

 

ただ、豊島はタイトル防衛に成功したことがない。そして叡王戦で番勝負が続いているのがやや不安材料か。

 

豊島にすれば、一流棋士で終わるか超一流棋士になるのか、とても大きな七番勝負となるだろう。

 

関連記事はこちら↓(読売新聞)

www.yomiuri.co.jp

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

【囲碁】名人戦第2局(井山vs虎丸)の逆転の場面

2020年9月15日から16日にかけて行われた第45期名人戦は、黒番井山挑戦者の中押勝ちとなった。白番虎丸名人が大優勢だったのであるが、とんでもないミスを打って負けてしまったらしい。

私がその局面を解説することはできないので、動画から決定的な場面を切り取って紹介したい。

 

【敗着直前の画像】

f:id:yomumirukaku:20200918005618p:plain

↑ 敗着直前の画像。右上の評価値を見ればわかるが、白番虎丸の大優勢である。

 

【敗着直後の画像】

↓ 一手打っただけで、評価値がこんなに変わるとは。。。

f:id:yomumirukaku:20200918005724p:plain

 

 

【敗着直後の画像(その2)】

↓ 前の画像ではニコニコしていた謝さん、事態の急変に気づいた模様。すぐにそれがわかるのは、さすがはプロである。

f:id:yomumirukaku:20200918010617p:plain

 

 

【敗着直後の画像(その3)】

f:id:yomumirukaku:20200918010852p:plain

↑ 謝さん、中央黒1と伸びる手を指摘。実際、この手が成立すると黒の大優勢となる。

 

結局この勝負は黒番井山の中押勝ちである。井山もすごいが、こんなミスをしても大声でぼやかない虎丸にも驚いた。冷静なのかそれともそういう性格なのか。

 

1勝1敗で終わるところが0勝2敗になってしまった虎丸名人。正直言って防衛は厳しそうである。

 

それにしても、解説の謝依旻さん、かわいいなあ。

見栄えもいいけど、声もめちゃかわいい。以前にも増してファンになってしまった。

 

↓ この対局の2日目全てを見たい人はこちらをクリック。

www.youtube.com

 

↓ 勝敗が決定した場面の解説を見たい人はこの動画がお勧め。

www.youtube.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ