令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【将棋】藤井聡太、棋聖のタイトルを奪取。史上最年少のタイトルホルダー。

さきほど、(19時過ぎ)に渡辺が投了した。

藤井が通算3勝1敗で棋聖のタイトルを奪取した。

 

午後の3時ごろは先手(渡辺)が有利だったと思うのだが、6時ごろにABEMAを見ると逆転していた。一体どこで勝敗が入れ替わったんだろう?

 

対局後の藤井のコメントは以下の通り(ABEMAより)

この対局、どこで勝ちが見えたか?

「最後の最後までわからなかった」

 

初タイトルを取った感想は?)

「渡辺先生と5番勝負で対局して、非常に勉強になったと思うので、これからに生かしたい」

「タイトルを取ったという実感はあまりない」

「責任のある立場になるので、より一層精進したい」

 

 (4局のうち印象に残った1局をあげるとすると

「第3局でこちらが気付かない手を多くさされたので、大変勉強になった」

 

 (報道のされ方について

「自分なりに考えて指せたので良かった」

 

 (地元のファンへひとこと

「いつも応援していただいてありがとうございます。これからも大変楽しめる将棋を指していきたい」

 

(今後の目標は?)

「この5番勝負を今後に生かしたい」

 

渡辺のコメントを今聞いているが、渡辺は冷静だなあ。悔しい気持ちはあるだろうに。渡辺も立派なものだ。

 

以下は渡辺のコメント

防衛できなかったことについて

「すぐに取られてしまって残念。」

「全体としては、競った将棋で負けているのでしょうがない結果である」

 

藤井との5番勝負についての感想

「中・終盤の競ったところで勝てなかったんで・・・。その差し回しで、こっちの気づかない手が多かった」

 

マスコミの扱いがいつもより大きかったことについて

「対局に入ってしまえば変わりない。注目度が高かったので、やりがいはあった」

 

年下の棋士に番勝負で敗れたことについて)

「内容的に競ったところで負けているので、すごい人が出てきたな、という感じだ」

 

f:id:yomumirukaku:20200716193715p:plain