令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【囲碁】大竹英雄九段が引退

2021年の12月15日付で、大竹英雄九段が引退した。

多くのタイトルを獲得しているが、名人戦十段戦碁聖戦で特に活躍した人物である。

若いころから林海峰と共にその才能と実力が注目された。

大竹の全盛期は、名人戦に出まくった昭和50年代前半であろうか。

個人的には、平成初期、大竹が50歳前後のときが一番印象に残っている。

棋聖戦名人戦、そして十段戦で全盛期の小林光一と番勝負を繰り広げた。

棋聖戦名人戦では小林に勝てなかったが、十段戦では3-2で小林に勝って十段のタイトルを手にした。

この時期の大竹が、自分にとって一番心に残っているのは、私が一番囲碁に熱心だったのがその時期であったからである。

しかし、理由はそれだけではない。

平成初期の大竹が番勝負を戦っていたのは彼が50歳前後の時であった。

昔はそれほど意識しなかったが、私が50歳を超えてしまうと、改めて大竹のすごさを再認識した。

五十路にして、その世界のトップで戦うことがいかに困難ですごいことか。

大竹はすごかった。

(参考記事)

「囲碁の図が貧相に…」 大竹英雄名誉碁聖が引退 今後は全国行脚で囲碁普及活動へ - 産経ニュース  

大竹英雄 - Wikipedia

 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村