令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【将棋】『将棋世界 2022年2月号』について:2人の棋士の死去

将棋世界 2022年2月号』を少し読んでみた。

印象に残ったのは、2人のプロ棋士の死去である。

野本 虎次(のもととらつぐ):2021年10月7日、敗血症にて死去。76歳。

木村義徳(きむらよしのり):2021年6月29日、老衰にて死去、86歳。

野本氏に関しては、本書170~171ページを参照のこと。

木村氏に関しては、本書142~145ページ、211~212ページを参照のこと。

2人とも私にとっては「そんなになじみはないけど、名前くらいは知っている」くらいの棋士である。

藤井聡太の将棋界制覇、AIの普及、そしてコロナ。

両先生は何を思いながら世を去ったのだろうか。合掌。

参考記事

野本虎次 - Wikipedia

木村義徳 - Wikipedia

 

人気ブログランキングへ     にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村