令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【囲碁】私の実戦から:このアテに無駄はないと思ったのだが。

久しぶりに私の実戦を紹介する。私が白番である。

 

【テーマ図】黒が▲と打ったところである。

f:id:yomumirukaku:20200823143235p:plain

↑ 左辺黒石と中央白一団との攻め合いである。ここの折衝で勝負が大体決まりそうである。

 

【正解図】(抜いておくのが正解)

f:id:yomumirukaku:20200823143250p:plain

普通に白1と取っておくのが正解である。黒2には白3とダメを詰めておいてよい。

黒Aと打てないことを確認していただきたい。

つまり、攻め合いは白の一手勝ちなので、こうなると白が優勢であった。

盤面でも白が少し良いくらいである。

ところが・・・

 

【実戦図】(なぜこのタイミングでアテ?)

f:id:yomumirukaku:20200823143314p:plain

↑ 左辺黒一団を取る前のきかしだと思ったのだろう。白1と打ってしまった。

すかさず黒2。この瞬間に白は投了した。

油断というかなんというか。集中力が足りなかった。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキングへ