令和に囲碁と将棋を語る

奈良県在住。囲碁はパンダネットや幽玄で6段、野狐で4~6段、将棋はぴよ将棋で1級程度です。

【囲碁】本因坊秀哉のエピソード:明治時代の棋士は大変だった

本因坊秀哉(ほんいんぼうしゅうさい)という棋士がいた。

1874年(明治7年)生まれの1940年(昭和15年)死去となっている。

大正時代から昭和10年代までの第一人者であった。

その秀哉先生も、若い頃は経済的に恵まれない時期があった。

秀哉先生の父は内務省勤務の官僚であり、伯父は貴族院議員であるから、家が貧しかったのではなく、碁打ちという職業が経済的に恵まれない仕事だったのだろう。

こういうエピソードが残っている。

「自分(=秀哉)が若い頃は、泥棒以外のことはなんでもやった。」

「賭け勝負に雇われ、天井裏にひそんで教えてやったことがある。あるとき、一回寝てしまって怒られた」

「マッチ棒一本あれば助言できる」
(引用:現代囲碁体系第二十巻 藤沢朋斎 上)

 秀哉先生の若い頃だから、今で言えばプロ低段くらいの頃だったのだろうか。

さすがに、今の院生や若手プロは、こんなことはしないだろうし、する必要もあるまい。

現在の方が物質的に恵まれているし、明治時代よりも棋士の待遇も良いだろう。

ただ、囲碁ファンが減り、スポンサーが減っていくと、今の棋士もどうなることやら。

 

今後、上のエピソードのようなことが起こらないことを願ってやまない。